インスタ用にも!ペットの躍動感ある写真を撮るコツ

インスタ用にも!ペットの躍動感ある写真を撮るコツをトコトン集める

ペットのおしゃれ

服のメリット

ペットに服を着せる賛否両論はさておき、ペットの毛が抜けるのを防ぐ効果があれば、マナーとしてレストランなどの公共の場に衛生も考えて同伴するのには必然かもしれません。
ペット同伴可能としている店でも、他人のペットの毛は気になるところです。
雨の日の散歩などにレインコートを着せるのも妥当なことかもしれません。
犬のスタイルで、お腹が地面に近い犬は汚れ易いので、必須です。
皮膚の弱いペットなどは、服で、虫刺されや汚れを防げます。
犬種によって温度管理が必要になるので、気をつけてあげましょう。
毛の厚みのある犬の暑さ対策や、ヘアレスドッグなどの防寒対策は、日本の季節が変わるごとに、部屋だけでなく服で調節することが大切です。

服のデメリット

もともと毛皮を纏うペットにとって、服は不要と言える部分もあります。
自然なこととは言えませんので、犬にとってストレスになることもあります。
慣れていなければ、ペットに服を着せることさえ難しくなります。
最初は袖がなくて着せ易い服や、布の分量の少ないデザインの服を選ぶことです。
着せる時に好きなおやつを上げたり、褒めたり、コツをつかんで、着せてあげて下さい。
散歩の時に着せると、散歩に行ける、と犬が学習するらしいので試してみましょう。
飼い主の好みの装飾の多いデザインでは、ペットが食べてしまいかねませんので、目の届く範囲で着せましょう。
ペットの毛と生地とが擦れて、毛玉ができ易くなりますので、そのままにしないでその都度しっかりケアしてあげて下さい。