インスタ用にも!ペットの躍動感ある写真を撮るコツ

インスタ用にも!ペットの躍動感ある写真を撮るコツをトコトン集める

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ピントが合っていること

ペットの一番いい顔は、飼い主が良く知っているはずです。 ペットばかりをあんまり可愛がり過ぎていると、どこかから微かなため息が聞こえてきそうですね。 可愛いだけではなく、精神的な支えにもなり、人それぞれで思いも違います。 今この時をペットと一緒に被写体として写真におさめて、インスタ映えさせたら、もっと幸せ。 続きを読む

飼育法の一つに

素早く動く、ペットを上手く撮るためには、ペットの顔や胴体にピントを合わせることです。
そして、手ブレ補正の機能を使って撮りましょう。
できるだけ、自分の体も脇を締めて腕を固定するのも慣れです。
寝転んで地面側から撮る場合も、両腕の肘を地面につけて三角形の頂点にスマホやカメラを構えることでも固定できます。
被写体ブレは、被写体のペットが動くことによって生じるブレのことですが、防ぐためにはシャッタースピードを速めにすることです。
高速のシャッタースピードで撮ることによって、ペットが風をきって走るような躍動感あふれる動きを捉えて瞬間的に撮影できるし、手ブレもなくなります。
高速シャッターで撮影すると、身震いする位ゾクゾク感のある写真が撮れます。
その速さがハンパなく人の能力ではおおよそ見分けることができないシャッターチャンスを捉えることが可能で、ペットのちょっとした表情や動作を逃しませんので、嬉しくなります。
被写体の動く方向も関係します。
ペットが横に向かって歩いているところの写真などは、初心者におすすめです。
歩くペットの体の側面に、ピントを合わせるだけです。
次は斜めに歩いてくるペットをとる練習です。
ゆっくり斜めに歩いて動くところを、ペットの顔にピントを合わせると上手く撮れます。
飼い主の目の前を素早く走り抜けるペットの被写体は、体にピントを合わせ横向きから撮ります。
躍動感に注力するのなら、背景などは単一であることが大切です。
雑誌のプロ写真家の作品のアングルなどを研究するのも、腕が上がります。

おすすめリンク

ストレスを軽減

首都圏からほど近い場所で、ペット同伴で写真を撮ったり、ドッグランで思いっきり走らせたり、一緒に食事をとったり自由を満喫できる施設が沢山あります。 海や山や牧場等の開放感のあるロケーションで、背景としてもとても良く、自然と触れ合う写真が似合うかもしれません。 続きを読む

ペットのおしゃれ

単なるおしゃれのためだけでなく、ペットを守ってくれる機能性を持つ服も登場してきています。 リアル店舗やネットショッピングで、あまりの可愛さに買い込んでしまいそうです。 サイズや着させ易さもあるので、お散歩やお出かけ、そしてイベント等のシーン別に検討するのも楽しいです。 続きを読む